Uの倉庫 -U's storage-

ようこそ。ここはスキビのファンブログです。原作者様・出版社等各関係先とは一切無関係です。二次創作を扱っていますので、二次創作・同人という言葉や、また、一部桃色な表現もありますので、それらを不快と感じる方は立ち入りをご遠慮下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACT.185 黒の息吹 本誌感想

暦の上では春になりましたが、毎日寒いですね~。
も、毎日眠くて眠くてw
あと無意識に肩に力が入るので、肩こりもひどくて辛いんですよね~。
出来る事なら冬眠したいと毎日のように思っていますw

さて続きにはいつも通りgdgdな感想とあらすじです。
ではいってみよー!





扉絵は猫耳・猫グローブ・猫しっぽを装備し、不機嫌な顔で猫ぱんちを繰り出すセツカちゃんです。
周りには猫のおもちゃや毛糸玉が散りばめられていて、なんともファンシーですw
なんで猫? それも三毛猫柄?
よくわからないけど可愛いからいっかw

■久しぶりのショータロー
カイン兄さんが村雨くんを絞め上げていたのと同時刻、尚は仕事の合間の暇つぶしにスマホで動画を視聴し、先日の大人度二倍美人のキョコさんを見てしまいました。

なんじゃいコリャアー こんなのすれ違っても俺気づかねーぞ この妖怪めー!!
俺一瞬魂喰らわれそうになってなかったか!?

とまあ、うっかり見惚れていた自分を棚に上げ、キョコさんを妖怪呼ばわりですw
そしてやっぱり怒るポイントは、「上から下までホイホイ男に仕立て上げられ」ているところ。
やっぱりそこはスルーできませんよねww

『こんな美女の生き血をすすって美貌を保つ女吸血鬼みたいにされやがって』とぷりぷりしながら、動画の中で横に並ぶ敦賀さんの顔を見て、キョコに魂をすすられたジャッジを下します。
「この妖怪魂(たま)すすりがー!お前の名前は今日から妖怪七変化『魂(たま)ススリ』だ──!!」
キョコの留守電に向かってそう叫ぶショータローの顔は見事な仁王顔ww
キョコを着飾ったと言うキジマや、キレイな格好を晒して敦賀蓮からのつまみ喰いの危機を作るキョコの迂闊さにムカついている内に、久しぶりの阿吽像に完全変態ww

『やっぱ留守電じゃ気が済まん! この憤り直接アイツにぶつけてやりてー!!
 俺の知らんトコでチャラチャラ着飾って 無駄に他所の男を刺激してんじゃねーよ!!』

イライラが大爆発したところで尚の出番はターンエンドですw
これはやっぱり尚がヒール兄妹orセツカ(単体)と会うフラグなんでしょうか。
出会った時、セツカ=キョコだと気付くのか気付かないのか。
楽しみですね~♪

■午前0時16分
深夜、いつものホテルの部屋。
敦賀さんの入浴中に留守電をチェックして、うっかりショータローの伝言を聞いてしまったセツカ姿のキョコさん。
こめかみに青筋を浮かべて切れそうになりますが、ハッと我に返ってバスルーム方向を振り向き、敦賀さんに気付かれていない事を確認し、そっと安堵の息を吐きます。

キョコさんによると、非通知でかけてくるショータローの電話に無駄に出なくて済むように、敦賀さんの携帯(と事務所の電話も)を発信者通知するように変えさせてしまったんだそう。
そっか、尚はあれ(26巻おまけ)以降も何回も電話かけて来てて、しかもそれを受けちゃった事も何回もあるんですね…。

ホッとしたキョコさんですが、しかし留守録とはいえうっかり尚からの電話に出たなんてばれたら一体どんな目に遭わされるか…!と今度は青ざめてガクブル震えだします。
キョコさんが考えるカイン兄さん流のおしおきは、三毛猫耳をつけることw
『兄さん三毛耳はやめて!! せめてアメショーかロシアンブルーにして!!(まだセツに似合いそうだから)』

ってなぜそうなるww
カイン兄さんは妹をコスプレさせる趣味があるんですか?ww
でもここから扉絵の猫ぱんちセッちゃんに繋がってる事が分かりましたw

■深夜の来訪者
ひとしきりお仕置きに青ざめたり恥ずかしがったあと、「お仕置きなんてないかな…」と憂い顔のキョコさん。
意味不明なショータローの留守録がばれたとしても、元々この部屋でもプライベートな話をしなくなっていたし、今の敦賀さんにはそんな元気ないかもしれないと、最近の敦賀さんの様子を振り返ります。

村雨を絞め上げた後や、渋谷でゴロツキ達を殴りそうになった時に、お礼を言われたのはあれはキョコの声で我に返る事ができたって意味でいいんじゃないか。
あの時の敦賀さんのセリフは今のキョコにはもう、「カイン・ヒール」として言ったんじゃないって思えてならない。
もちろん今日のアレも敦賀さん自身の本当の気持ち───…。

ずっとカイン・ヒールを演じてきた敦賀さんを見てきて、私の中に浮かび上がってきた仮説がひとつある
もしその仮説が正しいとすれば……もしかしたら敦賀さんには───…

キョコが敦賀さんの内面を深く深く考えていたその時、キンコーンと部屋のチャイムが鳴ります。
こんな深夜(時刻は午前0時22分)に来客!?と恐る恐る確認すると、そこにいたのは近衛監督でした。
慌てて招き入れると、今日の事で敦賀君とちょっと話がしたいから待たせてもらうとの事。
その言葉を聞いたキョコは、「か…っ監督…っ 実はあのっ その事なのですが……っ」と焦った様子で言葉を返します。
キョコは監督に一体何を言うつもりなんだろう??と気になった所で、場面は敦賀さんのターンです。

■やっぱりお色気担当の敦賀さんw
その頃の敦賀さんは狭い浴槽で長い脚をもてあまし気味に入浴中です。
ドドドドと勢いよく湯を張っていますが、湯は浴槽の縁から15cm位(大目に見ても20cm位)のところ。
お湯が浅くて敦賀さんの大事な所が透けて見えそうです(/ω\)
当の敦賀さんはそんな事気に掛ける余裕もなくて、今日の出来事を反省中。
どうやら村雨くんに「イギリス人にもなりきれねー 日本人にもなりきれねー」と言われた事で、敦賀さんの中のクオンがキレてしまったようです。

過去の出来事と村雨くんの罵倒が重なり、村雨はアイツじゃないってわかってるのにクオンの理性がブチ切れ、気付いたらその勢いに飲まれてる。
あの娘(こ)(=キョコ)も俺がマトモじゃないって気付いてるはずなのに、妹の役に徹して理由を訊かずにいる。

お前 恥ずかしくないのか クオン
役を途中で放り出して暴走するなんて失態を
そんなあの娘に見せつけて
──思い出せよ
ただひたむきに 演じる事が好きだった時の事
やっぱり自分は 芝居が好きだと
改めて 強く思った時の事──
思い出せ
芝居への気持ちだけが
唯一お前が他人へ誇れる自分だろう──

過去に思いを馳せ、クーに自分も芝居をやるんだと宣言をした頃や、日本でキョコに出会った頃の気持ちをクオンへと届けるかのように、深く物思いに沈む敦賀さんと、背中合わせのクオンの姿が描かれた状態で、8号(3/19発売)へとつづくであります。




な───っっ!また休載!
やっぱり月一連載になるの??と思いきや、柱に8号と9号は連続掲載ですとのお知らせ。
3/19にはスキビの30巻も発売となるので、何か記念イベント(ペーパーとか描き下ろしとか)を計画していて時間が必要なんでしょうか?
今回は柱の一言で、久しぶりにまともな原稿が上げられたと先生が大喜びしていたので、やっぱり月2回は厳しいんだろうなぁと思わず涙が出ました。
先生が満足できる仕事をこなす為なら月一連載でもいいんですけどね。
そう決まったんなら早めに発表してもらいたいところです。

ところで本編の内容に戻りますが、敦賀さんは物思いに耽りすぎて浴槽からお風呂がだばだば溢れていましたね~。あれでは部屋の中にまで浸水して大変な事になりそうな…。
あれはきっとセツカさんのお風呂乱入再びのフラグと信じていますw
洗面台に並んだ2つの歯ブラシも萌えポイントでした♪

あと、ここに来て、本家クオン少年の顔バレが来ましたね!!!
敦賀さんにとっては自分の過去だから顔が出て当然といえば当然なのですが、今このタイミングで顔バレするのって何か意味があるのかな~。ないのかな~。
しかしクオン少年は美しいですね。
美少女といっても通用しそうな美しさです。
なるほど幼いキョコが妖精さんと間違えたのも頷けますw

今回は冒頭に尚が出てきたり、最後には敦賀さんがクオンに語りかける事でクオンがピクリと反応を示していたりと、この先一気に話が転がりそうなフラグが盛りだくさんです。
次辺りで「黒の勇吹」の章が終わりそうな気がしますね。
8号までは長いですが、首を長~~くして待ちたいと思います。

最後にちょろっと個人的なお話。
始めにちょっと触れましたが、本当に肩が痛くてねー(泣)
以前は首と腕がちょっと痛いくらいだったのですが、最近はちょっと無理すると肩の関節まで痛くなる始末で、長時間のタイピングやお絵描きができない状態です。(この感想も実は数日掛かり^^;)
少し前に通ってた整骨院はどうも先生との相性がよくないので、新しい所探してみようかなぁ。
元々病院が苦手なので、先生とうまくコミュニケーションが取れずこういう時大変です^^;
外傷なら客観的にわかりやすいけど、痛みって自分から言わないと理解してもらえませんもんね。
いい出会いが(整骨院と)ありますように!
その前に運動不足が原因なんだから動けって話なんですけどねw

ではでは、ここまでご覧いただいてありがとうございました(*´∀`*)ノシ
愚痴っちゃってすみませんでした(汗)

最後の最後に、ACT.185を読んだ後某所にうpした感想イラストでお茶を濁しておきますw

Act.185感想絵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。